これからの金沢の介護福祉士の転職傾向とは

介護福祉士の資格をお持ちで、金沢で転職をお考えの方もいるかと思いますが、金沢周辺での人口は緩やかですが減少傾向にあります。また、高齢化率は現在平均的で今後も平均的な水準を推移していくと予測されています。介護施設としては特別養護老人ホームや介護老人施設、デイサービスなどが多くなってきています。人口が減少傾向にある事もあり、多忙な介護施設などでの仕事で常に人手不足傾向となっている現状もある為、求人は様々な施設から出されています。男性の職員が増えてきている傾向にありますが、現場ではまだまだ女性が多い為、結婚や妊娠、出産などで仕事と両立が難しく退職をする若い方も多くいます。ですが、一度退職をしたものの、再度介護施設などで就職をしたいと思う方が多いようです。介護福祉士の仕事は景気などに左右されにくい為、安定して長く働く事ができますし、性別や年齢、学歴など関係なくキャリアアップをする事もできます。

金沢で介護福祉士に転職を考えている方に必要なポイントとは

金沢で転職を考えている方で介護福祉士の資格を目指す方には、介護福祉士実務者研修が必要となります。介護福祉士試験の受験資格として実務経験が3年以上、実務者研修の受講、修了が義務付けされています。初任者研修と実務者研修の違いは科目と学習時間の差もありますが、国家試験である介護福祉士の受験資格として実務者研修を修了する必要があります。初任者研修は受験資格に含まれていない為、修了していても受験する事はできません。実務者研修終了の資格があれば、専門的な知識が増える為、医療的な処置のたん吸引なども出来るようになり仕事の質が向上します。また、資格手当による給与アップ等にも繋がります。介護福祉士の受験をし、資格取得ができればスキルアップだけでなく、給与アップにも繋がります。

金沢で介護福祉士に転職する場合でのメリットとは

金沢で転職しようと思った時、介護福祉士の資格や介護福祉士実務者研修の資格がある場合のメリットなどをご紹介します。まず、実務経験がなくてもサービス提供責任者として働く事が可能です。訪問介護事業所では配置が義務付けられている重要な職業でもあります。これは配置基準として実務者研修の修了資格を持っていない人がサービス提供責任者に就いた場合、介護報酬が減額されます。介護報酬が減るというのは訪問介護事業所の売り上げが減る事になります。その為現状資格を持つ方が不足している状態でもあり、転職をする際は有利になる事もあります。介護福祉士の資格を取得している、または今後受験をし、取得する予定の方は更なるキャリアアップとしてケアマネージャーの資格取得を目指す事もできます。この場合は介護福祉士の取得後5年以上資格に基づく仕事に従事する必要が出てきますが、更なる目標になります。