ハガキの内容を印刷 ハガキを配達

Recommended link

宛名リストの作成

多くのDMを発送してくれる業者は、宛名リストのテンプレートも配布してくれています。
エクセルに入力するだけで、圧着ハガキに宛名を記載して、代わりに発送をしてくれます。
簡単に利用できるため、まずは業者に問い合わせると良いです。
Read more

郵便法に基づく注意

圧着ハガキをDMとして利用したい場合、法律的な部分に注意をして作成をすることが余計な出費の予防と、経費削減につながります。
郵便法には、はがきとして扱われるための重量の上限があります。
それによって、6グラムを超える郵便物は封書扱いになり、はがきよりも高い郵送料金がかかります。
そのため、通常のはがきよりも確実に大きな郵便物となる圧着ハガキは、発送する前に細かい部分をチェックしてミスがないようにする必要があります。
用紙自体は6グラム規定に収まるようになっているため、注意点を抑えれば、はがき料金での発送が可能となります。… Read more

のりづけ技術の応用

圧着ハガキの技術を応用すると、DMや請求書としての機能を持たせる以外にも利用法があります。
その例として挙げられるのが、会員証を発送するために技術を応用することです。… Read more

折りたたみ方の種類

圧着ハガキにおいて、その用紙の折りたたみ方は大きく分けると2種類に分類できます。
それが、V型と呼ばれる方法と、Z型と呼ばれる方法の2種類です。
これらの方法は、必要とされる記載内容によって使い分けることも可能です。… Read more

秘匿性の確保が可能

郵便物の形式の中で、はがきという形式は送料が安く、気軽に送付できる郵便物として利用できます。
しかしながら、シンプルな郵便物であるという形式である以上、どうしてもそこには問題がつきまといます。
その問題が、郵便物に記載されている内容がはがきの場合、筒抜けになってしまうという問題です。… Read more